ブログ

選ばれ続ける必然 – 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方【本の紹介】

「ブランディングが必要なんだろうけど本質的なことがよくわからない」とモヤモヤしている方に。

 

ブランディングって何でしょうか。世界中のコンサルタントが日々その領域、価値、役割について解釈を発信されています。でも実際「ブランディングが必要なんだろうけど本質的なことがよくわからない」とモヤモヤしている方が多いのではないでしょうか。「デザインとか実は苦手なんだよね」「なんとなくわかってるつもりだけど説明できない」という経営者をはじめ、自社広報、マーケティングなどの業務を日々担当されている方に、企業ブランディングについて比較的わかりやすく学べる本をご紹介します。

 

デザイナーとして十数年ブランディングに特化した業務に携わってきたものの、日々の忙しさに追われるなかで、本質的なブランドコンセプトの重要性について、一般の人にわかりやすく体系的に説明することが難しいと感じていました。そこで手に取ったのがこの本でした。

 

『選ばれ続ける必然 – 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方』

 

著者の佐藤圭一さんは数多くの企業にコンサルティングサービスを提供している方でブランディングディレクター/コンサルタントです。

 

“ 送り手側の「どう思われたいか」と受け手側の「どう思っているか」のギャップを埋めていく

著書 選ばれ続ける必然より抜粋

 

「えっ、そういう意図だったのか。なんでこんな表現になっちゃったんだろう。」

ブランディングの依頼を受け、はじめてクライアントの話を聞く時や、はじめてクライアントの商品やサービスを手にした時、頭のなかで「?」がたくさん浮かぶことがあります。

私たちはプロジェクトのはじめに、消費者に近い感覚でクライアントを分析します。そして、“ 「送り手側が提供できる価値」と「受け手側が求めている価値」の間にズレがある状態を目撃すると、これが課題なんだなと認識するのです。

企業のどんな提供価値がお客様のどんな欲求を満たすのか。お客様の満足をカタチにする、それを明確にするプロセスが本質的なブランディングの第一歩です。

 

ここではこの本の導入概論について触れましたが、具体的なブランディングの進め方についても詳しく書かれていますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

また弊社のブランディングプロセスについて知りたい方は、こちらをご覧ください。

Top Blog 選ばれ続ける必然 – 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方【本の紹介】
page top