地域に根ざす心温まるスノーリゾート

プロジェクト背景

新潟県六日町にある地域に根ざしたスノーリゾートです。特に冬のスキーシーズンにおいて、首都圏の潜在顧客も視野に入れた新しいブランドの姿を模索していました。

 

解決策

親しみを込めたネーミング

近隣の施設に比べてどんな提供価値があるのかというコンセプトを探りながら、同時にネーミングを開発しました。コンセプトは家族・仲間のための心温まる「体験」を提供するリゾートとしました。天然雪、温泉、食事、アートなどを通じて、まだ知られていない六日町の魅力、そしてそれらを体験してもっと親しみを持ってほしいという思いから、ブランドを「muica」とネーミングしました。

 

 

 

 

ゲレンデやホテルから望む美しい四季の山並みを象徴したブランドマークやサブグラフィックを構築しました。そしてこれらのデザイン要素を、施設サイン、フラッグ、備品などに展開し、視覚的な統一を図りました。

 

キービジュアルの撮影

コンセプトを表現するキービジュアルを撮影しました。様々なリゾートシーンを通して、心温まる「体験」を感じられることを意図しました。

 

成果

コンセプトを具現化するために看板だけではなく、施設内や客室を「muica」として温かみのあるものに改装されました。そして2016年のリブランディング後、地元のお客様から好意的に受け入れられ、また新規顧客に向けても新しいイメージで好調にシーズンスタートしました。

 

 

 

Top Works Muica
page top