「浅漬け」文化を食卓へ届けるブランドとして誕生

プロジェクト背景

ピックルスコーポレーションの旧社名は東海デイリー(東海漬物の子会社)。当時、漬物といえば「ぬか漬け」 だった時代に、新しい「浅漬け」に着目し販売戦略を計画していました。

 

解決策

野菜を手軽に食卓へ届ける「浅漬け」の文化、また主な販売先をコンビニに絞る戦略に合わせて、 新しい価値を感じられるようなブランドイメージにしました。また「New Traditional Taste」という タグラインで企業姿勢を表し、商品ブランドだけではなく、企業ブランド(社名)も同時に変更しました。

 

成果

顧客からの企業認知が大幅に向上し、中長期的な事業発展に貢献しています。

 

Top Works Pickles
page top